読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

/|-|\

( 0M0)

艦これ始めてから終わるまでの話 1

五月雨を選んだ。

 2013年11月27日

長らく放置していたブラウザ版戦国コレクションが知らない間に終わっていた。
新しい暇つぶしはないかと考えてふと
「最近は艦これっていうのが流行ってるらしいな」
などと思ったのだ。
 
当時を知る人はご存じのとおり新規登録は抽選、というか一定時間内に鯖にアクセスして無事に入れりゃおめでとさんだったわけで、実際に艦これを始めたのは30日の夜から。今はどうなんだろうね。
戦コレ同様手元に来たキャラの中から使いたいのを選んで適当にポチポチすればいいや程度にしか考えていなかったのだけど、最初に5人の中から1人艦娘を選ぶところで問題が生じる。五月雨がいたんだ。
 

samidare

この時の気持ちを言葉にするのは難しい。見ただけであれだけ精神を揺さぶられるキャラクターは今後もそう現れないだろう。
初期艦選びはすぐに終わった。
 
チュートリアルに従って建造。涼風が出た。
最終的に五月雨と並んでレベルを上げていくことになる艦なのだが、この時の俺はまだ五月雨しか見ていなかったので最初に加わった戦力程度の認識しかしていなかった。余談だけど涼風の建造中にようやく五月雨がポニテじゃないことに気づく。
任務報酬の白雪を含む3隻で出撃した感想は「まあこんなものか」と。見てるだけだし。
羅針盤の方は初めこそ気にしていなかったが1-3でとことん下に行かされてハマったらまずいやつだなーとは思った。
完全ランダムだなんて悪い冗談だ。
 
これくしょんと言うからにはキャラが増えていくわけで、いろんな子を秘書艦にしてみると思いの外かわいい性格してるのが多いから台詞聞いてるだけでもそこそこ楽しい。
それはそれとしてさすがに駆逐と軽巡だけで1-4はムリがあった。資源回復上限が近いのに何もしないのはもったいない、ということもあって建造で強い艦を出すことに。@wikiの建造報告から重巡洋艦が出たというレシピを選択。
ボーキサイト全然使ってないからこれでいいや。重巡出ろ。
 
400/30/700/500
04:20:00
 
寝て起きたら加賀が出ちゃったよ。どうやらボーキサイトが多いと空母になるらしい。
ボーキだけリセットして再挑戦。重巡出ろ。
 
05:00:00
 
 
右も左もわからんうちから長門と加賀が最前線で活躍することになった。つよい。
肝心の重巡は同日の建造で衣笠、古鷹を手に入れたけど状況が状況なだけに影が薄くなってしまった。
一日に何度も出撃するわけでなし、大型艦を使って資源に困ることはなかったのだ。
これ以降も通常建造は任務消化か資源回復を止めない目的でしかやっていないが運は悪くない方だったと思う。
とにかくそれまでとは段違いの火力を得たことで1-4以降も難なく進めることができた。
その一方で当然ながら中型以下の艦は編成から外れていく。五月雨もすぐに攻略艦隊を抜けた。
 
噂に聞く2-4まで到達。戦艦4隻と一航戦で一日2回挑戦することにしたんだけどこれがうまくいかない。
一週間が経過してなかなか突破できんなーと思っていたところで五月雨がLV20になる。どうやったか覚えていないがたぶん演習だ。
面倒くさかったからそんなに積極的にはやってなかったはずだけど。
せっかく改造したのだからと旗艦に据えて出撃させてみた。

2-4

一発クリア。五月雨は特別何かできたわけじゃない、というか先頭にいただけだ。
それでも一番のお気に入りを旗艦にして難所を越えられたのはすごく嬉しかった。
この偶然が五月雨を鎮守府最高レベルにするきっかけであり、艦これと真剣に向き合おうとし始めたのもここからだったように思う。
それにしてもこんなスクショではボスまで行ったかどうかわからんな。名前も隠れてるし。
扶桑が未改造なのは「主砲の火力だけは自慢なの」って言ってたから。改造して火力が下がることにしばらく抵抗があった。
 
するりと3-2へ。駆逐が6隻必要なので涼風、白雪、満潮、潮、そして雷を改まで育てるために3-2-1でレべル上げを始めた。
最初の6隻という括りだと若葉が入るのだが初めのうちは印象が薄く、見てくれで気に入った雷の方を優先していたのだ。
MVPの台詞で意外と抜けたところもあると知って面白い奴だなと思い始めた直後に長門と加賀が来たのでそれっきり。
3-2時点でも編成の優先度は変わらず、レベルが上記のメンツに追いつくのは先のことになる。
 
そうこうしているうちに「蒼き鋼のアルペジオ」とのコラボイベントが近づいてきた。みんな備蓄がどうとかレベルがどうとか話してたけど俺はまあ気楽なもんで、急いで戦力を増強させるつもりも無いしクリアできればラッキーくらいに考えていた。
しかし備蓄って何だ備蓄って。回復上限をはるかに超える量貯めこむとか意味がわからんぞ。
 
 
~~~~~
艦これ本体から離れて豚小屋の話。
始めてすぐにブラゲ板に行ったのだけど、鯖ごとにスレが分けられているのはちょっと驚いたよね。
ブルネイスレの書き込みによれば本スレはらん豚に乗っ取られたらしい。まずらん豚って何だよ。
件のスレを覗いた感想は怖いなーってところ。なんでかみんな(´・ω・`)つけてるし、空気重いし。プロデューサーがニコ生から逃げたとか自身を擬人化したとかで腹を立てる気持ちはわからなかったけど、彼らは艦これをやった側で俺はしてなかった側だから黙って距離を置くことにした。
ゲームを進めれば何かしらわかるだろう、と。
運営そのものには全く興味が無かった。
~~~~~
 
 
色々と運任せなのは情報を集めるたびに経験者の書き込みを読んで承知していたし実際にやってみて理解できたけれど、まだそれを苦痛に思ったりはしていなかった。
どうしてあの仕様を特段気にも留めていなかったのかといえば単純な話で、余裕があったんだ。
戦力は艦娘、装備共にまだ貧弱だしこれから強くなると考えていたこと。他には空いた時間に少し遊ぶ程度だったから時間的、精神的消費が少なかったこと。随所でキャラが喋るのに意識が向いて単調なゲーム性が気にならなかったこともあるだろう。
でも一番の理由は自分の手でこのゲームのことを知りたいという好奇心がそれなりにあったからだ。数値として視覚化されたパラメータはもちろん、編成に入れる艦種、装備、陣形が戦闘にどう影響するのか自力で確かめてみたい気持ちがあったんだ。
艦これをゲームとして見ていた。本当は何もわかってなんかいなかった。